カテゴリ:バラたち( 4 )

カップからロゼットへ

e0007914_13585693.jpg

e0007914_13591642.jpg

e0007914_13593488.jpg
気がつくと、ロゼット咲きのバラばかり。
カップからロゼットへ移り変わる
コロンとした姿がいちばん好きです。
ピエール・ド・ロンサールは、
ピンクが濃いものもあれば
白っぽいものあって、ひとつひとつの違いが
器やガラスのようでおもしろい。

バラは、竹酢や碧露(へきろ/漢方)を
たまに使うくらいなので、弱ったときや
雨が続いた後は、黒点病やうどんこ病に
かかってしまうけれど、合った堆肥を施し
手入れをすると、病気にもかかりにくくなるので、なんだか人間と似ているなあ...と思った。
(黄色のバラは、ティージング・ジョージア)
[PR]
by slowgarden | 2007-05-10 14:13 | バラたち

今年も咲きはじめたバラたち

ここ数日の福岡は、梅雨のような空模様。
でも、ひと雨ごとに確実に大きくなっている草花たちをみていると
なんだか元気になれる気がします。

e0007914_16325446.jpg

今年も咲きはじめたバラたち。
当たり前のことだけど、きちんと手入れをしてあげると、
草花たちは、ちゃんと答えてくれる。たぶん、なにごともそうなのかな。

e0007914_16372747.jpg

[PR]
by slowgarden | 2006-05-11 16:45 | バラたち

つぼみが開くと・・・

e0007914_22255147.jpg

つぼみが開いた粉粧楼。
いったい何枚あるんだろう?と数えてみたくなるほど
重なり合った花びら。大好き。
[PR]
by slowgarden | 2005-11-29 22:27 | バラたち

粉粧楼

e0007914_11232827.jpg


ころんとした丸い蕾に惹かれて購入した、中国原産のバラ「粉粧楼」。
バラの香りは、自然がつくったと思えないほどに神秘的。
いつまでも鼻をくっつけていたくなるほど、シアワセを感じています。

shopまわりに植えた、ピエールドロンサールや、モッコウバラは
夫が誘引を済ませてくれました。来年の春が楽しみです。

うちでは、ちょっと見た目は悪くなってしまっても
化学的な農薬は使わず、漢方や竹酢などを使って咲かせています。
[PR]
by slowgarden | 2005-11-26 11:27 | バラたち